コネクション型通信/コネクションレス型を分かりやすく1分で解説【ネットワーク】

IT-Skills

ネットワーク通信はコネクション型通信コネクションレス型通信の2つに分類することができます。この2つの分類を理解できないと、UDPとTCPの違いを正確に説明することはできません。

このページではネットワーク学習を進めるにあたり前提知識となる2つの通信方法について、初心者向けに分かりやすく図解付きで解説します。

このページで学べる内容
  • コネクション型通信の仕組み
  • コネクションレス型通信の仕組み
  • それぞれの通信方法のメリット/デメリット

ネットワークエンジニアを目指す方であれば知らないと恥ずかしい超・基本知識です。是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

コネクション型通信

コネクション型通信は、データ転送を行う前に「正常に相手と接続できているか?」を確認したうえで通信をする方法です。

コネクション型通信では、まず相手との接続が正常に行えているかどうか?を確認します。

コネクション型通信

その後、実際にデータを送りはじめます。もし、相手がデータを受け取ることができなかったりした場合は再度データを転送してあげます。こうして、データが相手に確実に届くことを担保できるのがコネクション型通信の特徴です。

コネクション型通信

もし相手との接続確認が行えなければ、コネクション型通信ではデータ転送は開始されません。そのため無駄にデータを送ったりすることがありません。

日常の生活における「電話」をコネクション型通信の例としてあげることができます。

電話をする際、まず番号を入力したら相手が出るかどうか?という接続確認を行い、実際に相手が電話に出たら要件を伝えるのと同じです。

コネクションレス型通信

対してコネクションレス型通信は、事前の接続確認を行わずいきなりデータ転送を始めます。

コネクションレス型通信

送信する側からすれば事前の確認が不要なので、好きなタイミングですぐにデータを送ることができるというメリットがあります。

一方で、相手側からすると「急にいきなり話しかけられる」のと同じことなので、もし別の作業をしていたり何らかのトラブルが発生している場合にはデータを受け取れません。

そのため送ったデータは誰にも受け取られることなく、雲の彼方へ消えてしまいます。コネクションレス型通信は事前の確認が不要な分手軽に使える通信方法ですが、正確性を担保することはできません。

コネクションレス型通信は、「手紙」と一緒です。自分の好きなタイミングで送ることはできるが、相手が受け取ったかどうかは分かりません。もし、相手が引っ越していればその手紙は永遠に届くことはありません。

コネクション型通信 vs コネクションレス型通信

では、コネクション型通信とコネクションレス型のどちらが優れているでしょうか?

答えはどちらも一長一短があるので「時と場合による」です。

通信方法通信速度信頼性
コネクション型通信遅い高い
コネクションレス型通信早い低い

例えば、メールやファイル共有など信頼性が重視される場合はコネクション型通信が有利ですし、逆に映像配信サービスなど信頼性より速度が求められる時や、オンライン会議のような場合は(わざわざ一人ひとりと接続確認をするのは手間なので)コネクションレス型通信が有利です。

このように現在のネットワーク通信では、この2種類の通信方法をうまく使い分けています。

このページのまとめ
  • コネクション型通信
    事前に「正常に相手と接続できているか?」を確認したうえでデータを転送する通信方法
  • コネクションレス型通信
    事前の接続確認を行わずいきなりデータ転送を開始する通信方法

ネットワークエンジニアを目指したい方は

ネットワークの基礎を1から学びたい方はこちらの書籍を購入してがっつり学びましょう!

さくっと手軽に読める内容ではないのですが、ネットワークエンジニアを目指すのであれば理解できないと厳しい参考書の1つ。

ネットワークエンジニアでなくても、インフラ系の知識を持っているエンジニアの市場価値は年々高まっています!

blank
インターネットのプロトコルTCP/IP入門書の決定版!

ITを1から学びなおしたい方は

システムエンジニアを目指す方や、IT知識を1から身につけたい方は以下のページをご覧ください。

正直どこから学び始めればよいかわからない。どのように勉強していけば、エンジニアとしてのスキルが磨けるか?が分からない・・・という方は必見です。

システムエンジニア向けに「できるエンジニア」になる方法を1から解説しておりますので、是非ご覧ください。

無料で読めるようにしてあります。累計12万人に参考にしていただきました!

タイトルとURLをコピーしました