SAPとは何か―IT初心者向けにわかりやすく【3分ぐらいで読めます】

SAP

SAPって何?

SAPとERPって何が違うの?

SAPはどんなシステムで何ができるの?

上記のような素朴な疑問をお持ちの方向けに「SAPとは何か」を「社会人歴 = SAPエンジニア」が解説していきます。(専門用語はできるだけ使いません!

入社・転職したばかりで、急にSAPを知る必要が出てきた人や、初めてSAPを触る人でも「3分で理解」できるように要点を絞って解説します。

ページ後半ではおすすめの参考書もご紹介します。

今すぐSAPの参考書を読みたい方はこちら
【SAP】これだけは読んでおきたい「おすすめ」参考書3選【決定版】

このページで学べる内容
  • SAPとは?
    • ERP(Enterprise Resources Planning)とは?
    • ERPパッケージとは?
  • SAPは何ができるの?どんなシステム?
    • モジュール(FI / CO / SD / MM 等)について
  • SAPを導入するには何が必要?
    • パラメータ設定
    • アドオン開発-ABAP開発
  • SAPエンジニアとは

「SAP」の超・入門編の解説です。

このページを読めば、SAPって〇〇だよ!と答えられるようになるはずです。是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

SAPとは何か?

「SAP」を一言で説明すると「SAP社」が製造する「ERP」製品

「SAP」は「SAP社」が製造する「ERP」製品のことです。

こう説明されてしまうと分かりづらいんですよね。これが、SAPを難しく感じてしまう最初の壁です。

この最初の壁を超えるため、「SAP」とは何か?を正しく理解するために前提となる知識から解説していきます。

まずはSAP理解の土台となる前提知識―。「ERP」という用語の意味から解説します。

前提:「ERP」とは何か?

ERP(英: Enterprise Resource Planning)とは、初心者向けの簡単な言葉で説明すると「全部門共通システム」と言うことができます。

「全部門共通システム」とは、企業内のすべての業務を一元的に管理するシステムのこと。もともとは経理システム、調達管理システム、人事システムなど部門単位のシステムが主流だったのに対して、企業内のすべての業務を1つのシステムで管理しよう!ということで誕生したのがERPと言えます。

ERP誕生までの背景を深く知ることで「SAPが何者であるか?」を理解することができます。ここではさらに詳しくERP誕生までの歴史をご説明していきます。

ERPを正しい言葉で説明すると「企業資源計画 」という意味不明な言葉になるので、ここではあえて「全部門共通システム」と説明します。

#企業資源計画の意味についてはページ後半で解説します。

Before ERP:個別最適化の時代

ERPという概念が生まれる前。システム開発における黎明期には、会社全体で1つのシステム開発を行うというのは非常に珍しく、各業務部門が独自にシステム開発を行うのが主流となっていました。

経理部門であれば経理部門単独の経理システムを持ち、人事部門であれば人事部門独自の人事給与システムを持ち、また調達部門は調達部門独自の調達管理システムを持つ―。

各部門単独で業務を最適化することに努めていたというのがシステム開発の最初の歴史です。

下記の図で表す通り、システム開発の黎明期は部門単位でのシステム開発・運用が主流でした。

経理部門であれば経理部門単独の「経理システム」を持ち、人事部門であれば人事部門独自の「人事給与システム」を持ち、また調達部門は調達部門独自の「調達管理システム」を持つなど、各部門単独で業務を最適化することに努めていたというのがシステム開発の歴史です。
「個別最適化」されたシステム

システムの力を部門単位の業務最適化に利用することで、各部門の業務効率の向上を目指し一定の成果を上げました。

部門単独システムの限界:全体最適化へ

しかしながら、部門最適化したシステムでは、企業全体で見ると非効率な側面が多く存在していました。

その最たる例が部門間の情報・データ共有です。

嘘のような本当の話で、調達システムで購入した物品の金額を「印刷して経理部門に手渡す―。」「USBメモリに入れて渡す―。」「メールで送付する―。」それらのデータを受け取った経理部門は「手入力で経理システムに打ち込みなおしたり」「独自の取り込みツールを作ったり」と、非効率な業務遂行を余儀なくされていました。

部門単独で完結する業務の方が珍しいため、結果として効率化されない業務が多分に存在していたということ。

言い方を変えれば、部門内では最適化された業務を遂行している一方で、部門をまたがって業務を行う必要がある場合は、完全に最適化しきれていなかったということです。

そんな欠点を補うために考え出されたのが「ERP」という概念です。

調達システムと経理システムを一緒にして、自動的に転記できるようにしよう!」「調達システムに在庫管理システムをくっつけで、いつでもを在庫量をみれるようにしよう!」というように、システムを統合することのメリットを強く意識して生み出されたのが「ERP」という概念なのです。

個別に機能していたシステムを、会社全体で1つのシステムに統合する考え方がERPの始まりです。

blank
【イメージ図】ERPパッケージのシステム構成
まだ「ERP」のイメージがつかみきれていない方は

ERP = 企業資源計画

ここまではERPを「全部門共通システム」と説明してきましたが、より本質的に言えば「企業全体の資源人・モノ・金・情報)を管理するシステム」と説明することができます。

企業内で発生するありとあらゆるデータを一元的に管理することによって、業務の最適化につなげていくという考え方こそが「ERP」という言葉の本質です。

今では「ERP」というとシステム自体を表す言葉として定着してきましたが、本来は「企業全体の資源を一元管理する考え方」を指す用語。

その考え方を具現化したのが、ERPシステム/ERPパッケージです。

ERPパッケージとは?

ERPパッケージとは

企業全体のシステムを作るのは決して簡単ではありません。1からERPを作るのは非常に難しいのが現実です。

会社全体の業務がどのように行われているのか?会社全体で保持するデータはどのような形で保持すれば良いのか?等簡単に答えを出せないような課題がたくさん存在するためです。

また、部門ごとではなく「全社一斉にシステム開発を開始する」というだけでも困難ですので、 自社独自のERP開発に費やす時間・費用は非常に膨大なものとなります。

その「難易度の高さ」に目をつけ、ビジネスの商機を見出した企業が今の「ERPベンダー」です。

「ERPシステムをパッケージ化(各企業に展開可能なソフトウェア・アプリケーションにすること)すればよいのではないか・・・?」

ERPをパッケージとして製造しておけば、いろんな企業が買ってくれるのではないか?

そうした流れの中で生み出されたERPのパッケージ製品が、SAP(by SAP社)であり、Oracle EBS(by Oracle社)なのです。

会社にとっても、無駄に一から開発するのではなく、1つの製品としてサーバにインストールするだけでERPシステムの導入ができたほうがはるかに楽です。

これで最初の解説の意味が分かるようになります。

SAPとは「SAP社」が製造する「ERP」製品のことです。

SAPを更にわかりやすく:モジュールとは?

SAPをさらに具体的にイメージできるように、モジュールという概念をご紹介します。

簡単に言えばモジュールとは機能の集まりです。

先ほど説明したように、ERPは「企業全体システム」ですが、分解していけば1つ1つの部門単位の機能に分けられます。

会計システム + 調達システム + 在庫管理システム + ・・・・ = ERP

この会計システムとか調達システムみたいな部分をSAP用語では「モジュール」と呼んでいます。

SAPを導入する際には、モジュール単位で各種の設定(=パラメータ設定/カスタマイズ)を進めていきます。

会社によっては「このモジュールは利用するけど、こっちのモジュールはいらない・・・。」なんてこともありますが、その場合は必要とするモジュールの設定だけ行えばOKです。

SAPをインストールすると全てのモジュールが同時にインストールされます。よく「モジュールごとにインストールするのだ!」と誤解されがちですが誤りです。必ず全モジュールが不可分のものとしてインストールされるという点をおさえておきましょう。

本ページでは、SAPにおける代表的なモジュールを簡単にご紹介しておきます。

FI(Financial Accounting):財務会計

FI(Financial Accounting) モジュールは財務会計に関する業務をカバーするモジュールです。

いわゆる会計システムの部分です。

モジュール関連図

FIモジュールはSAPの花形と言われます。もっとも重要で、最も根本的なモジュールとなるので、SAPエンジニアにとってはFIモジュールを導入するのは非常にチャレンジングで面白い仕事の1つです。

調達したらお金を払いますし、ものが売れればお金をもらいます。また、人を雇えば給料が発生します。それらのデータがリアルタイムにFIモジュールに流れてくることになります。

なので、SAPを導入する際にFIモジュールを利用しない企業は存在しないといえます。

CO(Controling):管理会計

CO(Controling)は、管理会計領域の業務をカバーするモジュールです。

管理会計とは企業内部の細かなコストの発生状況を分析する業務のこと。

FIモジュールが財務諸表などの外部向けの報告書を作成することを目的とするのに対して、COは「内部向けの報告書」を作ることを目的とします。

すなわち部門単位の業績管理や、間接費の管理などを主な目的とします。

FI と COの違い
FI(財務会計)
  • 社外向け(財務諸表の作成がゴール)
CO(管理会計)
  • 社内向け(費用・収益の分析が目的

FIモジュールとCOモジュールの違いについては、以下の記事でより詳しく解説しておりますので、是非合わせてご覧ください。

COモジュールも他のモジュールと同様、リアルタイムに全業務のデータが連携されてきます。COモジュールを適切に運用することで、社内全体のコスト管理・コスト分析が可能となり、次なる業務改善を進めることが可能となります。

SAPを導入することで企業内におけるコスト管理・コスト分析が可能になるという点は、SAP導入における非常に大きなメリットの1つとなります。

SD(Sales and Distribution):販売管理

SD(Sales and Distribution) モジュールは、いわゆる販売管理システムに該当します。

お客さんからの注文を受けてから商品を出荷するまでの一連の業務を管理するのが主な目的です。もちろんモノを売れば代金を受け取ることになるので、その売り上げのデータはFIモジュールに自動的に連携されていきます。

どの会社・どの人から「注文」を受けて、何を出荷するのか?その出荷製品はいくらで、請求書はどこにどんなフォーマットで送れば良いのか?などを管理するモジュールです。

モノを売る企業(メーカーなど)がこのSDモジュールを利用することになります。

MM( Material Management ): 在庫購買管理

MM( Material Management ) モジュールは、いわゆる「在庫管理システム」「調達管理システム」に該当するモジュールです。

SDモジュールが「売る側」だとすれば、MMモジュールは「買う側」です。

どこに何を発注したのか?どれぐらいの値段で発注するのか?今在庫はどれぐらいあるのか?などを管理します。

発注金額や、在庫量データは財務諸表に関わってくるのでこれも自動的にFIモジュールに連携される仕組みです。

SDモジュールを利用して販売管理を行う企業は、製品販売のための製造管理も行っている場合はほとんどなので、MMモジュールとSDモジュールはセットで導入されることが多いです。

このように、企業の業種や業務内容に合わせてモジュール単位で設定を行っていくのがSAPの特徴です。

最後にSAPを導入する際は実際どのような手順を踏んでいくのか?を解説します。

SAPを導入するには?

ここまでの説明で何となくSAPが何者であるかが分かってきたのではないでしょうか?

ここまで説明した内容【まとめ】
  • SAPはSAP社が製造しているERPパッケージ製品
  • SAPは複数のモジュールから成り立っておりモジュール単位で設定を行うことが可能

この最後の章ではSAPを導入する際の流れを解説しておきます。

SAPはパッケージ製品なのでサーバーにインストールするだけで利用可能になる・・・?と想像しがちなのですが、実はそんなことはありません。

SAPはインストールするだけでは利用できません。インストールを行ったあとの設定作業や自社の業務内容に合わせた機能開発が必要となります。

SAP導入には基本的に以下の2つの作業が必要となります。

SAP導入時の必要作業
  • パラメータ設定(コンフィグレーション / カスタマイズ)
  • ABAP開発(アドオン開発)

ここの作業内容を理解することでSAPのメリット/デメリットがさらによく分かるようになります。

またSAPエンジニアを目指す方にとっては知らないと恥ずかしい超・基本知識でもありますのでしっかり理解しておきましょう。

パラメータ設定(コンフィグレーション / カスタマイズ)

パラメータ設定とは、別名コンフィグレーション / カスタマイズとも呼ばれます。

SAPは全世界の全業種で利用可能なERPパッケージとなっているため、使う言語や画面上に表示する内容などはオプションで選択することが可能になっています。どのオプションを利用するのか?(=どの言語にする?画面の項目はどうする?など)を1つ1つ設定していく作業がパラメータ設定です。

パラメータ設定の代表的なものを挙げると「会社名」の設定や「組織情報」の設定といった基本的なものから「利用する消費税」の設定「画面項目」の設定など実際の業務に密に関連してくるものまで幅広く存在します。

SAPのすごいところは「そんなものまで設定できるの?」というほど設定項目が充実しているところです。この幅広さが、世界中の企業に採用されている大きな理由の1つになっています。

逆に言えば、どのような設定が必要で、どのような手順で設定すれば良いの?というのは専門家でないと分かりません。専門家としてのスキルを保持し、企業へのSAP導入をサポートするのが、SAPエンジニア/SAPコンサルです。

この設定を隅々まで知り尽くしているSAPエンジニアによって、SAP導入時の初期パラメータ設定が行われます。

SAPエンジニア

ABAP開発(アドオン開発)

パラメータ設定(SAPの設定)だけではどうしても実現できない機能を追加する作業です。

日本の会社の場合は、他社との差別化のために独自の業務で効率化を行っているような場合が多く存在します。そのような業務はSAPの機能だけでは処理することができないため、SAP専用のABAPAdvanced Business Application Programming)と呼ばれるプログラミング言語を用いて、独自の機能を開発します。

SAP導入時に一番大変な作業がこの工程です。

なぜなら、ABAP開発がなければ「バグ」はほとんど生まれないからです。SAPを導入している企業で、もし不具合やバグが起きているとすればそれは99%はこのABAP開発が原因といえます。

ABAP開発では、SAPの標準仕様に加えてABAPの知識が必要になるため費用がかさみます。

逆に言えばこのABAP開発をできるだけ抑制し、SAPで実現できる業務体系に合わせていくことがSAP導入成功のカギとなります。

ABAPを1から勉強したい方は!

SAP / ABAPを1から学習したい初心者の方向けに、できるだけ網羅的にABAPが理解できるよう以下ページに知識体系を整理しています。

特に初心者のうちは、どこから学べばよいか?どう勉強すれば良いか?すらわからない状態になりがち。

ある程度の知識を持ったうえで、はじめて実践的な理解へとつながります。

是非、一度ご覧になってみてください。

この章のまとめ
  • SAPを導入するには大まかに以下の2つの作業が必要となる
    • パラメータ設定
    • ABAP開発
  • この2つの作業は難易度が非常に高いためSAPエンジニア/SAPコンサルのサポートが必要となる

おまけ:SAPとERPの違い

よくある質問の1つ「SAPとERPは何が違うのか?」というものがあります。たぶん、どちらも英語3文字で似たような概念のため混乱してしまう人が多いものと推測されます。

ただ、ここまでお読みになった方なら答えは簡単にわかりますね。

「SAP⇒SAP社のERPパッケージの製品名称
「ERP⇒企業全体システムのこと
となります。

「SAP」と「ERP」は似ているものの、概念は異なりますので正確に理解しておくことが重要です。

そのうえで、SAPはERPパッケージの製品名称であるので、その意味ではSAP≒ERPである、ということも可能です。あくまでも、SAPは会社名・製品名であり、ERPは全社システムの総称であることを理解しておきましょう。

SAPをもっと詳しく知りたい方は

本記事で、SAPの概要を理解できたところで、さらに一歩深くSAPが何者なのか?を知りたい方や、実際にSAPのプロジェクトに参画する方は、参考書での学習もおすすめします。

以下の記事で紹介している3つの書籍ですが、SAPエンジニアであれば知らない人はいない必読書です。これを知らずしてSAPエンジニアを名乗るのはちょっとだけ恥ずかしいかも?

また、以下のページではSAPエンジニアを目指す方のために、SAPの勉強方法を解説していますので、是非ご参考にしてみてください。

開発者の視点からSAP導入のメリット・デメリットについて解説しておりますので、お時間がある方は合わせてお読みください。

タイトルとURLをコピーしました