【SAP】反対仕訳(逆仕訳)とは?マイナス転記とは?

FI

なんとなくわかるようで、意外とよくわかっていない「反対仕訳」について解説します。反対仕訳?マイナス転記?という疑問に回答していきます。

このページはSAPでの「反対仕訳」について解説していますが、前半はSAP関係なく一般的な簿記の解説なので、反対仕訳のみを知りたい方も是非ご覧ください。

前提:反対仕訳とは?

反対仕訳とは、どのような業務なのか。SAPの解説に移る前に、簡単に実際の業務について説明していきます。

なお、現場によっては「逆仕訳」とも呼ばれますが、このページでは基本的に「反対仕訳」の単語で統一します。SAPの世界では、逆仕訳という単語ではなく「反対仕訳」が用いられるためです。

実際の業務では、どちらの表現も同じ意味で用いられますので、特に縛りはありませんので、あまり気にしなくてOKです。

※簿記3級の知識がある方は、読み飛ばしていただいてOKです。

反対仕訳:計上した伝票の取消

反対仕訳とは、「間違って計上した伝票を取消する」ことです。早速ですが、以下の例を見てみましょう。

業務例)売上が3500円あり、現金で対価を受け取った場合

SAPに転記する仕訳   現金 3500円 / 売上 3500円

実際は上記のように仕訳を打つべきなのですが、SAPにかかわらず仕訳を誤って登録してしまうことは多々あります。

今回の例では、以下のように「勘定コード」を誤って設定してしまった場合を考えていきます。

誤って転記した仕訳   普通預金3500円 / 売上 3500

もし、この誤り(赤字部分)に気付いた際、伝票がまだ未転記の状態であれば、伝票を削除することができます。

ですが、転記済の場合は伝票の削除が行えません。

では、どうすればよいのか?

ここで登場するのが「反対仕訳(逆仕訳)」です。ざっくり言うと以下のような貸借逆の仕訳を投入し、誤った金額と相殺する考え方です。これによって財務諸表出力の際に正しい金額で表示されることになります。

したがって、修正仕訳は以下のようになります。

修正仕訳        売上 3500円 / 普通預金 3500円

※本ページで解説する「反対仕訳理由」の制御によって、仕訳の形は様々形を変えます。

こうすることによって、誤って転記した仕訳を修正仕訳が打ち消してくれるような形で財務諸表に乗る形になります。これが、反対仕訳という業務です。

誤って転記した仕訳   普通預金3500円 / 売上 3500

修正仕訳        売上 3500円 / 普通預金 3500円

SAPでの反対仕訳投入手順

実際の業務・簿記の計上方法を理解したところで、SAP上での反対仕訳の投入方法を解説していきます。

原則として、SAPでの反対仕訳の処理は必ず反対仕訳と紐づける形で登録することになります。

つまり、貸借逆の仕訳をFB01(伝票登録画面)から登録する、ということはありません。反対仕訳専用の機能を利用します。

FB08:伝票の反対仕訳

これは、代表的なトランザクションコードなので、是非覚えておきましょう。

※そもそも「トランザクションコードって何?」という方はこちら。

トランザクションコード:FB08では「伝票の反対仕訳:ヘッダデータ」という画面が表示されます。画面を見て頂ければわかる通り、各項目(伝票番号や会社コードなど)を説明にしたがって入力していくだけの簡単な画面です。

本当に自分が投入したい仕訳が投入されるのか?なんて不安がある方は「反対仕訳前に照会」ボタンを押すことで「反対仕訳」を確認することができます。

尚、伝票番号の項目には「反対仕訳を行いたい伝票番号」を指定するのですが、ご覧の通り、本画面では「伝票番号は1つだけ」の指定です。範囲指定ができません。

では、複数件の伝票を反対仕訳したい場合はどうするか?

F.80:伝票の一括反対仕訳

間違って100件以上仕訳を投入してしまった!なんて場合には、一括で反対仕訳を行うことになります。

トランザクションコード:F.80から、一括反対仕訳を行います。

こちらの画面からは、伝票番号も範囲指定・複数指定ができるのため一括での反対仕訳が可能です。

注意点:計上される仕訳について

どちらの画面でも反対仕訳、すなわち「伝票の取消」という目的は達成される一方で、両画面で必須項目となっている「反対仕訳理由」という項目の選択の仕方によっては挙動が変わる場合が存在します。

実際にどのような仕訳が作成されるかは、会社ごとに異なりますので事前に確認しておきましょう。

ここからは、さらにシステム的な設定方法を解説していきます。SAPコンサル・エンジニアの方はここまでの理解はあくまでも前提であり、ここからが本題です。

カスタマイズ方法:SPRO

反対仕訳理由は、トランザクションコード:SPROからのカスタマイズ項目です。どのような仕訳で反対仕訳を達成するか、業務的な要求に答える形で設定を行う必要があります。

反対仕訳理由の定義を行う目的

反対仕訳理由を定義する目的、1番にあるのはトランザクションコード「FB08」と「F.80」を利用できるようにすることです。

反対仕訳の定義は、2つのトランザクション実行の必須条件となっているので、この定義を完了させていないとトランザクションの実行ができません。

もう一つは「反対仕訳理由」を反対仕訳の伝票に表示できるようにすることです。つまり、内部の統制です。

反対仕訳は、業務的にあまり好ましいものではありません

誤りがあるなら、未転記の時に検知し修正すべきであって、転記という行為自体の信用性が落とすべきではありません。(そのために未転記伝票というものが存在するのですから)

仮にこの反対仕訳の理由がどこにも何も記されていない場合、財務諸表自体の信用性が落ち、ひいては会社全体の評価に関わります。

少なくとも、反対仕訳理由を明記することで内部の統制を保てているという証左を示すことが必要になるのです。

カスタマイズ画面

カスタマイズ自体は非常に簡単です。

意外と設定すべき項目は多くありません。概念の理解をしていれば、カスタマイズは簡単です。

理由

ここには、反対仕訳理由を一意にするためのコード値を設定します。英数字2桁で設定します。

テキスト

反対仕訳理由を示すテキストを入力します。例えば「転記誤りによる修正仕訳」「納入製品の取り消し」など、どの業務で利用するかを定義する項目です。

ここで定義したテキストが選択画面、伝票照会画面で表示されるためユーザフレンドリーなテキスト(分かりやすい説明)を心がける必要があります。

Neg転記

このパラメータは、反対仕訳の際にマイナス転記を行うかどうかの制御可否の判別となります。

チェック

マイナス転記を行う

ブランク

マイナス転記を行わない

ただし、本項目で「X」を指定した場合でも、会社コードの設定で「マイナス転記を不可」としている場合は、マイナス転記ができません。

※マイナス転記については次章で解説します。

代替転記日

この項目は、反対仕訳する際に転記日を自由に設定できるかどうかを制御します。

チェック

反対仕訳元伝票の転記日付以降の日付で反対仕訳を行うことが可能

ブランク

元伝票の転記日付と同一日でのみ反対仕訳を行うことが可能

反対仕訳なので、反対仕訳元伝票の転記日付以前はいかなる場合も指定することができません。会計期間がクローズされた日付の伝票を反対仕訳する可能性がある場合は「X」を設定する必要があります。

マイナス転記とは?

ここで、マイナス転記とは何か?について解説しておきます。冒頭で紹介した以下の仕訳を見てみましょう。

誤って転記した仕訳   普通預金 3500円 / 売上 3500円

この場合、簿記の世界では、貸借逆で仕訳を投入することで金額を相殺します

これは「転記」という行為を既に実施している、すなわち既に帳簿に記入済の仕訳を取消線で消すことが簿記では行われないためです。簿記の世界では「全ての取引を漏れなく記録する」ことが求められているためです。

しかし、SAPでは以下のようなマイナス金額での転記という技も存在します。貸借逆仕訳ではなく「金額をマイナスで投入する仕訳」です。

マイナス転記   普通預金 -3500円 / 売上 -3500円

これは、簿記の世界ではあり得ない仕訳(簿記ではマイナス金額は登場しない)です。設定する際には注意が必要です。

できるだけ、利用しない形で要件を定義するべきですが、本当にやむを得ない状況に備えて設定だけしておく、というのはありかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました