SAP理解の第1歩―トランザクションコードとは?

SAP

SAPを初めて触る人にとって、最初に戸惑うのが「トランザクションコード」です。

ちょっと見づらい画面に加えて、急に飛び出す「トランザクションコード」という言葉。ヘルプデスクに電話をしたら、「 "FB03" を入力してください。」と言われ、戸惑っている人もいることでしょう。

SAPの世界では、この「トランザクションコード」というものが何なのかをしらないとかなり苦戦します。

SAPでは非常に多くの機能を兼ね備えているのですが、そこにたどり着くまでにメニューの階層(フォルダ構造みたいなもの)を辿るのが非常に難しいのです。一言で言えば、このメニュー階層をすっ飛ばして、ショートカットのように使える魔法の暗号がトランザクションコードです。

初めてSAPを使う人向けの解説がインターネット上に落ちていなかったので、このページではサクッとトランザクションコードについて説明します。

トランザクションコードとは?

トランザクションコードとは、SAPの処理画面(プログラム)を呼び出す文字列や数列です。(語弊を恐れずに言えばショートカットキーと同じようなイメージです。)

伝票入力を行いたい場合、SAP Easy Access画面(SAPの第1画面)から1つひとつ辿っていけばもちろん目的の画面を開くことはできるのですが、SAPは結構複雑な機能なので、メニューを1から開いてたどり着くのはかなり難しいんです。

なので、トランザクションコードが重宝されるわけです。

トランザクションコードは、SAPの1つの機能と結びついており、システム的にこの機能を直接呼び出しているということになります。

トランザクションコードを利用すれば、目的の画面に一発でたどり着くことができるため、多くのユーザはトランザクションコードを利用しています。

トランザクションコードの利用方法

ここからは、トランザクションコードの実際の使い方を解説していきます。

特別な用語や、慣れない画面での操作が大変かもしれませんが、画像付きで初心者でも分かるように解説していきます。

トランザクションコードを調べる

まず、最初にどのようにトランザクションコードを調べる方法の紹介です。

まず、何よりも1番早いのが「ググる」ことです。

各機能へのトランザクションコードをまとめたページはたくさんありますので、そちらから確認するか、もし手元にマニュアルがあればトランザクションコードの記載があるかもしれません。

いずれにせよ、トランザクションコードは「暗記するものではない」ので、調べる方法を確保しておくことが重要です。

その上で、Tipsとして「今自分が使っている画面のトランザクションコード」を調べる方法があります。めちゃめちゃ簡単なので、パッと紹介しておきます。

下の画像を見てください。

トランザクションコードは、該当する画面の右下に表示されています。

トランザクションコード以外が表示されている可能性もありますので、その場合は、▽を押して「トランザクション」を選択してください。

※ここにはトランザクションコード以外にも「プログラム名称」や「ユーザID」「クライアント」が表示されている場合があります。

会計伝票参照画面であれば、先ほど例に出した「FB03」が表示されているはずです。

トランザクションコードの入力

下記画面の赤枠内(コマンド項目と呼ばれます。)にトランザクションコードを入力して、ENTERボタン押下で利用可能です。

トランザクションコードと呼ばれたら脳内ではショートカットのことだな、と変換しましょう。

そして、利用する際にはコマンド項目に入力する。

この2点を頭に入れておきましょう。ここからは、覚えておくと便利なTipsを解説しておきます。

※ちなみに、SAPの開発者でも「コマンド項目」という単語を知らないことは結構あります。画面上の四角、左上の文字入力できるところ、みたいな感じで案内されることもあるかもしれません。

トランザクションコードのTips

トランザクションコードを打たなくても画面へのショートカットを登録しておくことが可能です。

下記画面の、赤枠内「ユーザ定義」という箇所によく使う画面へのショートカットを設定できます。

ユーザ定義の登録

「ユーザ定義」にカーソルを合わせ、その場で右クリック。

選択肢が表示されるので、「トランザクション挿入」をクリックします。

すると以下のようなポップアップ画面が表示されます。


ポップアップ画面内の入力項目によく使うトランザクションコードを打ち込んでそのままEnterボタン。

すると、、、

上記のように、ユーザ定義の中に伝票照会画面へのショートカットが作成されました。

これで、次回以降はトランザクションコードの打ち込みなしで目的の画面へ遷移することができます。覚えにくいトランザクションコードなどを、登録しておくと便利ですね。

さらに詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました