SAPエンジニアとは?仕事内容や将来性を5分で解説します

LifeHack

SAPエンジニアとは、読んで字のごとくSAPを導入・運用保守するエンジニアのことです。

一言でSAPエンジニアと言っても具体的なイメージがつかない方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

このページでは、SAPとは何か?SAPエンジニアって何をするの?SAPエンジニアの年収はどれぐらい?という疑問にお答えします。

このページで学べる内容
  • SAPエンジニアの具体的な仕事内容
    • 【初心者向け】SAPって何?
  • SAPエンジニアに求められる能力とは?
  • SAPエンジニアの年収はどれぐらい?
  • SAPエンジニアに将来性はある?

これから就職活動を行うという方、SAP業界に転職しようと考えている方にとっては知らないと恥ずかしいSAP業界の常識ばかりですので、是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

SAPエンジニアとは?

SAPエンジニアとは、SAPを導入・運用保守、またはそのサポートを行うエンジニアのことです。

SAPは全世界のありとあらゆる業界(官公庁も含める)で利用できるように作られていますが、その反面導入時の初期構築や法改正などに伴うシステム改修などの難易度が非常に高いという性質を持っています。

さらに、SAPは独自のプログラミング言語「ABAP」で作られているため、SAPのシステム的な仕組みに加え、ABAPの知識も必要になる場合があります。

このような性質から、SAPを導入するためにはSAPに特化した専門知識が必要とされます。

このとき、SAPを導入する企業に対して、SAP導入の支援を行っていくのがSAPエンジニアの役割です。

そもそもSAPって?

SAPとは、SAP社が製造するERP製品のことです。ERPパッケージの中では業界シェアNo.1で、全世界のあるゆる業界の企業が利用しています。

そもそもERPって何?SAPって何がそんなにすごいの?という疑問をお持ちの方は、本ページを読む前にSAPの全体像を把握しておきましょう。詳細については以下の記事で解説しております。

SAPエンジニアの具体的な仕事内容

SAPエンジニアの仕事内容をざっくり切り分けると以下の2つに分類することができます。

SAPエンジニアの仕事内容
  • パラメータ設定(コンフィグレーション/カスタマイズ)
  • アドオン開発(ABAP開発)

それぞれ、どんなことをするのか分かりやすく説明します。

パラメータ設定(コンフィグレーション / カスタマイズ)

SAPはERPパッケージ製品ですので、サーバーにインストールすれば即そのまま利用できるというわけではありません。システムとして稼働させるためには、例えば会社の組織体をSAP上に設定していく必要があります。

この設定をパラメータ設定と呼びます。以下のような画面からを上から順にメニューを辿っていきます。

blank

企業や人によっては、パラメータ設定のことを「コンフィグレーション」と呼んだり、「カスタマイズ」と呼んだりしますが、指している内容は同じです。

SAPは全世界のありとあらゆる業界に適用可能な製品ですが、その分設定しなければ項目も莫大に存在します。誇張した表現を用いれば、熟練のSAPエンジニアでさえ、全ての設定項目を熟知しているわけではないほどに、多くの設定項目が存在します。

会計系の設定内容の一例を挙げるだけでも、勘定コードの設定やら伝票タイプの設定やら聞いたことあるモノもないモノ、たくさんの設定が必要となります、

したがって、実はSAPエンジニアと一言にいっても会計モジュール(FI)が得意なSAPエンジニア、購買管理モジュール(MM)が得意なエンジニアなど多種多様に存在するのです。

モジュール

冒頭でご説明したとおり、SAPは企業全体のシステムですが、細かく分解していけば1つ1つの部門単位の機能に分けられます。

会計システム + 調達システム + 在庫管理システム + ・・・・ = SAP

この「会計システム」とか「調達システム」みたいな部分をSAP用語では「モジュール」と呼びます。

  • SAPの各種設定を行うことをパラメータ設定と呼ぶ
  • 設定項目数は膨大なためパラメータ設定に関する専門知識が必要

アドオン開発(ABAP開発)

SAPは全世界のありとあらゆる業界に適用可能な製品ですが、会社独自の業務が存在するような場合はパラメータ設定だけでは業務要件を満たせない場合があります。

このとき、SAPに導入企業独自の機能を追加することをアドオン開発Add-On)と呼びます。

アドオン開発を行うためには、SAPで用いられる独自のプログラミング言語「ABAP」を用いる必要があるため、ABAPを自由にコーディングできるスキルが求められます。

ABAPはどんなプログラミング言語?

ABAPは、もともとはCOBOLと同じような構造化プログラミング言語でしたが、時代とともに進化しオブジェクト指向を取り入れつつ拡張しているプログラミング言語です。

そのため、基本となる構造化プログラミングの概念だけでなく、オブジェクト指向といった現代のプログラミング言語に共通する基本知識も必要となります。

  • SAPに独自に機能を追加することをアドオン開発と呼ぶ
  • アドオン開発を行うためにはABAPというプログラミング言語の知識が必要

SAPエンジニアに求められる能力とは?

どのような現場のシステムエンジニアでも、自走力(自分で調査をして自分で解決する力)やコミュニケーションスキル、ライティングスキルなどは共通して必要となりますが、SAPエンジニアはそれに追加して以下の能力が求められます。

SAPエンジニアに求められるスキル
  • SAPに関する専門知識
  • 業務内容を把握する理解力
  • マネジメント能力

それぞれの能力がなぜ必要とされるのか?を1個1個説明します。

SAPに関する専門知識

SAPエンジニアと呼ばれるからには、まず大前提としてSAPの基本的な操作方法や、SAPのシステム的な仕組みを理解しておく必要があります。

例えばトランザクションコードといった基本用語や、システムランドスケープの基本知識(クライアント依存・クライアント非依存)などの基本的なアーキテクチャに対する理解などは必須です。

もちろん、各企業独自のアドオン機能に対する知識も求められます。

また、各モジュールの仕組みを理解していないと、本当はパラメータ設定で対応できる業務を、わざわざお金をかけてアドオンで開発してしまう、などの失敗につながります。インフラレベルの知識から、アプリケーションレベルのスキルまで幅広い知識が求められることになります。

業務内容を把握する力

これは特にSAPの導入時に求められる力ですが、各企業の業務内容を理解する力が強く求められます。

特にパラメータ設定を得意とするSAPエンジニアの場合、要件定義フェーズからSAP導入に関わることがほとんどとなるため、お客さんが普段どのように業務を進めているのか?を理解する力が必要となります。

〇〇という業務を行うためには、伝票タイプの設定は△△にする必要がある! といったように、SAPと業務を結びつける必要があります。業務とシステムをうまく結びつけるためには、SAPの専門知識だけでは困難。

会計モジュール(FI)を得意とするSAPエンジニアの場合は少なくとも簿記3級の知識を身につけておく必要があるでしょう。

マネジメント能力

SAPを導入する企業は比較的大規模な企業です。そのため、SAP導入プロジェクトは大人数プロジェクトとなることがほとんど。

100人以上のSAPエンジニアで導入を進める場合も存在します。

つまり、一人で完結するような働き方ではなく、複数人で協力・調整しながら物事を進めていくマネジメント能力が求められます。

また、SAPを「極める」というのは現実問題困難なので、日々未知の事象に遭遇します。このときにも、知っている人に頼る力もあるとGood。逆に、困っている人を助ける親切心・チームプレーも重要となってきます。

SAPエンジニアに求められるスキル
  • SAPに関する専門知識
  • 業務内容を把握する理解力
  • マネジメント能力

総じて、SAPエンジニアに求められる能力は非常に高度なものとなっています。

SAPエンジニアに転職する難易度は高いものの、その分報酬は魅力的です。

また、SAPエンジニアの将来性もかなり期待できる状況(後述)のため、少しでもSAPエンジニアに興味があれば、検討する価値は大いにあると言えるでしょう。

SAPエンジニアの年収はどれぐらい?

結論から言うと、SAPエンジニアの年収は人によってかなり差異があって、下は300万円台、上は2000万円台など、個人のスキルに応じて大きく異なります。

一概にどれぐらいの年収なのか?を答えることは難しい業界です。

ただし、大まかな傾向としては、SAP導入企業の数に対してSAPエンジニアの数は圧倒的に不足しているのが現状なので、毎年年収レンジは増加傾向。歴3年のSAPエンジニアであれば年収700万ほどは射程圏内で、5年・10年の経験を重ねている熟練のSAPエンジニアであれば、1000万円の大台に届くでしょう。

実力があれば、フリーランスのSAPエンジニアとして独立。フリーランスで企業と契約する場合、月150万円の単価となる場合も決して珍しくはありません。

SAPエンジニアとしての市場価値を測りたいなら

SAPエンジニアは不足している分、転職市場が活気を帯びています。

そのため、SAP未経験でも前職の職務内容によっては(例えば、事業会社の経理部門の方など)SAPエンジニアとして採用する企業が多く存在。プログラミング経験者であれば、ABAPerとしての採用が見込めるのが現在です。

既にSAPエンジニアとして活躍されている方も、別の企業であれば今以上に評価してくれる可能性も大いにあるでしょう。

今の自分にどれぐらいの市場価値があるか?未経験でもSAPエンジニアに転職できるか?を知りたい場合は、早速いくつかの転職サイトに登録・エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?

おすすめエンジニア向け転職サイト3選

レバテックキャリア
SAPエンジニアに転職するならレバテックキャリア
SAP(ERP)業界に特化した専門の転職エージェントが個別サポートしてくれます

アクシスコンサルティング
非公開求人(外資・幹部採用)ならアクシスコンサルティング
SAPコンサル(IT外資)などを目指したい方はこちら

doda
圧倒的求人数の業界最王手!
SAP業界の情報を広く収集することが可能です

もっと詳しく知りたい方はこちらからどうぞ!

SAPエンジニアの将来性

結論、SAPエンジニアの将来性は非常に有望です。

SAPエンジニアになることは決して簡単なことではないですが、その分希少価値は高く、企業から求められる場面も多く存在します。

そして、もしSAPエンジニアを目指すなら今が一番おすすめです。もっといえば、今を逃すとかなり勿体ないかもしれません。

2027年に現在のSAPのメイン製品「SAP ERP6.0」の製品サポートが終了されることが決定しており、SAP導入企業は次期製品である「SAP S4/HANA」への乗り換えを検討中。(既に乗り換えを済ませている企業も多数)SAPエンジニアの活躍の場は、今後2~3年で大幅に増加していくことがほぼ確実です。

SAPに少しでも興味がある方は、今後のキャリアプランの選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめエンジニア向け転職サイト3選

レバテックキャリア
SAPエンジニアに転職するならレバテックキャリア
SAP(ERP)業界に特化した専門の転職エージェントが個別サポートしてくれます

アクシスコンサルティング
非公開求人(外資・幹部採用)ならアクシスコンサルティング
SAPコンサル(IT外資)などを目指したい方はこちら

doda
圧倒的求人数の業界最王手!
SAP業界の情報を広く収集することが可能です

もっと詳しく知りたい方はこちらからどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました