PR

VPSとは?(Virtual Private Server)3分でわかりやすく解説

IT-Skills

VPS(Virtual Private Server)とは、インターネット上で自分だけの専用サーバーのように使えるサーバーのことです。

参考 サーバーとは?

物理的なサーバーを1つの大きな箱と考えると、その中に仮想的な小さな箱をたくさん作って、それぞれの小さな箱を1人1つずつ使えるようにしたものがVPSです。

VPSとは わかりやすく
図1:VPSのイメージ

このページではVPSとは何か?をIT初心者向けにわかりやすく解説します。

このページで学べる内容
  • VPS(Virtual Private Server)とは?
    • レンタルサーバーとの違い
  • VPSの使い方・具体例・使用例

システムエンジニアを目指す方であれば知らないと恥ずかしい基本知識の1つです。是非最後までご覧ください。

#VPSサービス名初期費用価格(月額)OSCPURAMストレージ稼働率サポート対応
1Xserver VPS
0円830円~Unix系
Windows系
3コア~2GB~50GB~
NVMe SSD
-電話/メール/チャット
2ConoHa VPSblank
0円751円~Unix系
Windows系
1コア~512MB~30GB~
(SSD)
99.99%以上電話/メール/チャット
3さくらのVPS
0円~643円~Unix系
Windows系
1コア~512MB~25GB~
(SSD)
-電話/メール
4ABLENET(エイブルネット)blank
0円~712円~Unix系
Windows系
1コア~512MB~30GB~
(SSD/HDD)
-メール
5ミライサーバーblank
0円~715円~Unix系
Windows系
2コア~1GB~70GB~
(SSD)
-電話/メール
6GMO クラウドVPS
0円665円~Unix系
Windows系
1コア~512MB~20GB~
(SSD)
99.99%以上電話/メール
7Winserver(ウィンサーバー)blank
0円990円~Windows系のみ3コア~1GB~70GB~
(SSD/HDD)
-電話/メール
スポンサーリンク

VPSとは?(Virtual Private Server)

VPS(Virtual Private Server)とは、インターネット上で自分だけの専用サーバーのように使えるサーバーのこと。

VPSとは わかりやすく
図1:VPSのイメージ

利用者は自分の小さな箱(VPS)をまるで自分だけのサーバーのように使うことができます。

VPSは自分の好きなように設定やカスタマイズができ、他の人の使っている小さな箱(VPS)とは完全に独立して動作します。これにより、他の人が何かトラブルを起こしても、自分の小さな箱(VPS)には影響がありません。

そのため、例えばプログラミングを勉強するためにサーバを使いたい人や、Linuxの勉強を実機を使いながら行いたい人などのSandbox環境として利用することも可能です。

VPSのメリット・デメリット

VPSのメリットとデメリットを以下に示します。

要約すると、VPSを使うには基本的なサーバー管理やセキュリティ対策に関する知識が必要ではあるが、コストパフォーマンスに優れた使い勝手の良いサーバーがVPSであるといえます。

項目メリットデメリット
独立性他のユーザーの影響を受けず、独立した環境で運用可能物理サーバーと比べて多少のパフォーマンス低下がある場合がある
カスタマイズ性自由にOSやソフトウェアを選択・設定できるサーバー管理やセキュリティ対策に関する知識が必要
スケーラビリティ需要に応じて容易にリソース(CPU、メモリ、ストレージ)を増減できるリソースの追加が物理サーバーの限界を超えると、新たなサーバーに移行が必要
コストパフォーマンス専用サーバーと比べて低コストで運用できるリソースが共有されるため、極端な高負荷状況でパフォーマンスが低下する可能性がある

VPSを利用するシーン

実際、VPSを利用するのはどのようなシーンか。以下に代表的なVPSの利用方法を示します。

VPSでできること
  • 学習用サーバー
    VPSを利用して、プログラミングの学習や実験ができる独自の学習環境を構築できます。あなたが学びたい言語や技術を自由に試すことができます。
  • 自分だけのWebサービス
    VPSを使って、自分だけのオリジナルのWebサービスやアプリケーションを開発・運用することができます。趣味やビジネスで独自のサービスを立ち上げ、人々に提供することが可能です。
  • プライベートストレージ
    VPSによって、自分専用のオンラインストレージを作成できます。大切なデータやファイルを安全に保管し、どこからでもアクセスできるようになります。
  • メディアサーバー
    VPSを活用して、自分だけのメディアサーバーを構築できます。音楽や映像、写真などのマルチメディアコンテンツを自由に共有・配信することができます。
  • ゲームサーバー
    VPSを使って、友達と一緒に楽しめるゲームサーバーを立ち上げることができます。好きなゲームをカスタマイズして、オンラインで楽しむ時間を充実させましょう。

これらの例からわかるように、VPSはあなたのオンライン活動をより楽しく、便利にし、新たな可能性を引き出すことができます。VPSを使って、自分だけの独自の世界を創り上げてみてください。

#VPSサービス名初期費用価格(月額)OSCPURAMストレージ稼働率サポート対応
1Xserver VPS
0円830円~Unix系
Windows系
3コア~2GB~50GB~
NVMe SSD
-電話/メール/チャット
2ConoHa VPSblank
0円751円~Unix系
Windows系
1コア~512MB~30GB~
(SSD)
99.99%以上電話/メール/チャット
3さくらのVPS
0円~643円~Unix系
Windows系
1コア~512MB~25GB~
(SSD)
-電話/メール
4ABLENET(エイブルネット)blank
0円~712円~Unix系
Windows系
1コア~512MB~30GB~
(SSD/HDD)
-メール
5ミライサーバーblank
0円~715円~Unix系
Windows系
2コア~1GB~70GB~
(SSD)
-電話/メール
6GMO クラウドVPS
0円665円~Unix系
Windows系
1コア~512MB~20GB~
(SSD)
99.99%以上電話/メール
7Winserver(ウィンサーバー)blank
0円990円~Windows系のみ3コア~1GB~70GB~
(SSD/HDD)
-電話/メール

VPSとレンタルサーバー(共用サーバー)の違い

「よく聞くレンタルサーバーとは何が違う?」という質問にお答えします。

VPS(Virtual Private Server)とレンタルサーバーの違いは以下の通り。

VPS vs レンタルサーバー
  • レンタルサーバーは「安い+サポートが充実」だが自分で自由にカスタマイズするには制限がある(ほとんど自分では自由にいじれない・・・
  • VPSはサポートが限定的だがカスタマイズの自由度が高いので勉強用・個人開発用に最適
項目VPSレンタルサーバー説明
環境の独立性高い低いVPSは独立した環境で運用できるが、レンタルサーバーは他のユーザーとリソースを共有
カスタマイズの自由度高い低いVPSではOSやソフトウェアを自由に選択・設定できるが、レンタルサーバーは限定される
セキュリティ個人の管理次第で高い管理会社の対応に依存するVPSは自分でセキュリティ対策を行うが、レンタルサーバーはサービス提供者が担当
サポートの質・範囲限定的・基本的なサポート広範囲でのサポートが受けられるVPSは基本的なサポートが提供されるが、レンタルサーバーはより充実したサポート
初期費用・月額費用中〜高い低い〜中VPSはリソースに応じたコストがかかるが、レンタルサーバーは低コストで始められる
  • 環境の独立性
    VPSでは、独立した仮想サーバーが提供されるため、他のユーザーの影響を受けません。一方、レンタルサーバーは複数のユーザーが共有する環境のため、他のユーザーの影響を受けることがあります。
  • カスタマイズの自由度
    VPSでは、OSやソフトウェアを自由に選択・設定できますが、レンタルサーバーではサービス提供者が設定した環境を使用するため、カスタマイズの自由度が低くなります。
  • セキュリティ
    VPSでは、自分でセキュリティ対策を行う必要がありますが、適切に管理すれば高いセキュリティが実現できます。一方、レンタルサーバーではサービス提供者がセキュリティ対策を行うため、個人の負担は軽減されますが、提供者の対応に依存することになります。
  • サポートの質・範囲
    VPSでは、基本的なサポートが提供されますが、サーバー管理やセキュリティ対策などの専門的な知識が必要です。一方、レンタルサーバーでは、より充実したサポートが提供され、初心者にも使いやすい環境が整っています。
  • 初期費用・月額費用
    VPSはリソースに応じたコストがかかるため、初期費用や月額費用が中〜高くなることがあります。一方、レンタルサーバーは低コストで始められるプランが多く、初心者や予算に制限がある場合に適しています。

VPSの月額費用が高いといっても月数百円程度の差なので、勉強したい人・Webサービスを開発したい人はVPSの利用をおすすめします。

VPSでエンジニアスキルを磨こう!

これまでの記事で、VPS(Virtual Private Server)とは何か、そのメリットや利点について解説してきました。これからエンジニアを目指す皆さんにとって、VPSは学習環境として非常に魅力的な選択肢です。

VPSを使うことで、自分だけのオンライン環境を独立して構築でき、様々な技術やツールを自由に試すことができます。また、実際の運用環境に近い形で学習が進められるため、エンジニアとしてのスキルアップが期待できます。

さらに、VPSはリソースのスケーリングが容易であるため、学習の進捗に合わせてサーバー環境を柔軟に変更できます。これにより、効率的かつ最適な学習環境を整えることが可能です。

VPSを利用することで、エンジニアとしてのキャリアを加速させましょう。VPSは、あなたの学習に理想的な環境を提供し、新たな技術に触れる機会を増やします。ぜひ、VPSを活用して自分だけの学習環境を構築し、エンジニアスキルを磨いてみてください。

#VPSサービス名初期費用価格(月額)OSCPURAMストレージ稼働率サポート対応
1Xserver VPS
0円830円~Unix系
Windows系
3コア~2GB~50GB~
NVMe SSD
-電話/メール/チャット
2ConoHa VPSblank
0円751円~Unix系
Windows系
1コア~512MB~30GB~
(SSD)
99.99%以上電話/メール/チャット
3さくらのVPS
0円~643円~Unix系
Windows系
1コア~512MB~25GB~
(SSD)
-電話/メール
4ABLENET(エイブルネット)blank
0円~712円~Unix系
Windows系
1コア~512MB~30GB~
(SSD/HDD)
-メール
5ミライサーバーblank
0円~715円~Unix系
Windows系
2コア~1GB~70GB~
(SSD)
-電話/メール
6GMO クラウドVPS
0円665円~Unix系
Windows系
1コア~512MB~20GB~
(SSD)
99.99%以上電話/メール
7Winserver(ウィンサーバー)blank
0円990円~Windows系のみ3コア~1GB~70GB~
(SSD/HDD)
-電話/メール

このWebサイトは現役のエンジニアが以下3点を目的として運営しています。

  1. 勉強:一度理解した内容を忘れないように。
    → アウトプットは「最強のインプット」である! 
  2. 備忘:忘れたとしても後から見返せるように。
    → 未来の自分への「お手紙」を書いています。 
  3. 共有:〇〇ってこうだったんだ!の感動をシェアできるように。
    → あなたの知識は誰かにとっての「価値ある情報」です。 

副業ブログの始め方はこちらから

スポンサーリンク
IT-SkillsLifeHack
シェアする
ビズドットオンラインをフォローする
blank
ビズドットオンライン
タイトルとURLをコピーしました