【Python】基本の文法ルールを3分で整理!―Hello World!

Python

このページでは、Pythonの基本構文をまとめています。

初めてPythonを学習する人のために、最初の一歩「Hello World!」の出力から、押さえておくべき基本ルールまでを3分で解説します。

このページで学べる内容
  • Pythonの基本ルール
  • Hello Worldの出力方法
  • コメントアウトの仕方
  • インデント

Pythonを学習するすべての人にとって、これを知らないと何も始まらないレベルの超基本事項をまとめていますので是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Pythonの "Hello World!"

まずは、文法を学習する前にPythonで「Hello World!」を表示する方法から。

細かい文法を学習する前に、まずはPythonを実行できる環境を整っていることを確認しましょう!

print('Hello World!')

Hello Worldを表示することができたでしょうか?

表示された方は、Pythonの実行環境が構築済。(それ以外の方は、上記の記事からPythonの環境構築手順を実施してください。

それでは、早速Pythonの基本構文ルールを1から確認していきましょう。

Python:基本ルール

ルール, 日常生活, 構造, インフラストラクチャ, 法律, 裁判所, 弁護士, 段落, 句, 規制, ジュラ

前提としてPythonの特徴からおさらいしますが、Pythonは「非常に少ないコード量でプログラムを記述できて」「初心者でも比較的簡単に読むことができる」プログラミング言語です。

例えば、他の言語でのお約束事であった「文末にはセミコロン」「カンマで区切る」などのルールがほとんど存在しません。

そのため、覚えなくてはならないルールも他のプログラミング言語と比較して非常に少ないのです。

もちろん、文法ルールが全くないというわけではありません。逆に、Pythonだけの文法の特徴も存在します。

以下では、Pythonでプログラムを作成していくに際して、「これだけでOK」の必要最低限の文法ルールを整理して解説していきます。

①改行が文の区切り

Pythonでは、文の区切りを改行で表します。(セミコロンやピリオドは不要です

サンプルコード
print('Hello World!')
print('Hello Python')
a = 'Hello World!'
print(a)

1行で1文ですので、このコードは4つの文から成り立ちます。

print
('Hello Python')

a = 
'Hello World!'

上記のように誤った改行をすると「SyntaxError: invalid syntax」となります。

Pythonでは基本は1行で1文です。

ただし例外として、「;(セミコロン)」を用いて、1行に複数の文を入れることも可能です。

print("Hello World");print("Hello Python")

※意味・処理のまとまりをつけたい場合などに用いることがありますが、基本に慣れるまでは利用しないほうが良いでしょう。

②コメントアウト:#

コメントアウトをしたい場合は「#(ハッシュ)」を用います。

"#" から後ろの行がコメントとして認識されます。

サンプルコード
# この行はすべてコメントです。
print('Hello World!') 
print('Hello Python')
a = 'Hello World!'           # ここからコメントとして認識されます。

"#" を利用したコメントアウトは、1行のみ有効なので、インラインコメントと呼ばれたりもします。

なお、"#" の後ろにはスペースを1つ入れるのがお作法。スペースなしでも、スペース2つ以上でもNGです。

#こういうのはダメ。
#     こういうのもダメ。
# こういうのがGood!

コード全体で統一しておくと、読みやすいソースコードが出来上がります。

コメント自体は処理の内容に直接の影響は与えませんが、コードの質を大きく向上させるため、注意して覚えておきましょう。

③複数行のコメントアウト

複数行に渡ってコメントアウトしたい場合は、 '''(シングルクォーテーションを3つ)。または、"""(ダブルクォーテーション3つ)でOK。

サンプルコード
'''
ここはコメントアウト。
この行もコメントアウト。
'''
print("Hello World!")

"""
この行はコメントアウト
print("Hello World!")
↑もコメントの扱いになります。
"""

インデント

Pythonの大きな特徴の一つです。

インデントはPythonに置いて非常に重要な意味を持ちます。インデントでそろえられた行は1つのブロックを構成します。

JavaScriptなど、他の言語では「{ }」などで囲んでブロックを構成しましたが、Pythonではインデントをそろえることでブロックの定義を行います。

サンプルコード
a = 1
if a == 2:
    print "Hello"    # Helloは表示されません。
    print "Hello"    # Helloは表示されません。
print "Hello"        # この「Hello」は表示されてしまいます!

if文について合わせて知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

このインデントで注意が必要なのが、複数行コメントアウトとの組み合わせです。

複数行コメントアウトをする場合は、直前のコメントアウトと同じインデントで記述する必要があるのです。

そうしないと思わぬエラーが発生してしまうので注意しましょう。

    print('Hello World!')
'''
インデントがそろっていないと・・・・
IndentationError: unexpected indent
というメッセージが出力されます。
'''
    print('Hello World!')
    print('Hello World!')
  '''
  インデントがそろっていればOK。
  エラーメッセージは表示されません。
  '''
    print('Hello World!')

Pythonの基本文法・ルールはだったこれだけ。

Pythonを書いていく上で自然と身につく部分ではありますが、改めて知識を整理しておくことは重要です。

何度もこのページを読んで基本・基礎を理解しておきましょう!

Pythonを1から学習したい方は

Pythonをより実践的に学びたい―。実際にコーディングをしながら学びたい―。独学に限界を感じている―。

そんな方には、無料体験/オンライン完結もあるプログラミングスクールで学ぶのがおすすめです。都度検索しながら知識を補完していくのではなく、1から体系立てて学ぶことで短時間・かつ効率的にスキルハックすることが可能です。

各プログラミングスクールの特徴をまとめた記事をこちらに記載しておきますので、是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました