【Python】1分で理解できる!エスケープシーケンスの使い方

Python

Pythonでのエスケープシーケンスの使い方を解説します。

エスケープシーケンス(エスケープ文字)とは、簡単に言えば「改行」や「タブ」を表す文字のこと

エスケープシーケンスをうまく利用することで、print関数で出力する文字を改行したり、文字列の中に「(ダブルクォーテーション)」を埋め込んだりすることができるようになります。

このページでは、初心者向けにエスケープシーケンスの使い方を1から分かりやすく解説します。

このページで学べる内容
  • エスケープシーケンス(エスケープ文字)とは?
  • エスケープシーケンスの使い方
  • エスケープシーケンスを用いたサンプルコードと処理内容

Pythonエンジニアであれば知っておきたい基礎知識ですので、是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エスケープシーケンスとは?

エスケープシーケンスとは、文字そのものではなく、改行やタブなどを表す文字列のことで、別名「エスケープ文字」とも呼称します。

例えば、「¥n」は改行という意味を表すエスケープシーケンス。

 print("1行目\n2行目")   # \n で改行となります。


"""
1行目
2行目
"""

結果は、2行に分かれて表示されるようになります。

このように、改行やタブスペースなどを表すのがエスケープシーケンス(エスケープ文字)です。

ちなみに、「¥」(円マーク)ではなく「\」(バックスラッシュ)で表示される場合もありますが、どちらも意味としては全く同じです。

Pythonで利用できるエスケープシーケンス

Pythonで利用できるエスケープシーケンスのうち、覚えておきたいのは以下6つほど。

エスケープシーケンス意味
¥n改行
¥'シングルクォーテーション
¥"ダブルクォーテーション
¥bバックスペース
\\\マーク(バックスラッシュ)
¥tタブ

この他にも、利用できるエスケープシーケンスはいくつか存在しますが、利用頻度としては低い印象です。上記に示したエスケープシーケンスを覚えておけば実践でも応用できます。

ここでは利用頻度の高い、上記6このエスケープシーケンスについてサンプルコードを用いて解説します。

¥n

「\n」は改行を示すエスケープシーケンスです。これは、冒頭で例として示したエスケープシーケンスです。

print("1行目\n2行目")

"""
1行目
2行目
"""

\'

「\'」は、シングルクォーテーションを示すエスケープシーケンスです。

なぜ、わざわざシングルクォーテーションを示すエスケープシーケンスが必要になるかと言うと。

print('文字列') # 文字列はシングルクォーテーションで囲む

Pythonでは、文字列をシングルクォーテーションで囲むというルールがあるためです。

したがって、エスケープシーケンスを用いないとシングルクォーテーションを文字列として保持することができません。

print('シングルクォーテーション「'」')  # これはSyntaxError: invalid character in identifier


print('シングルクォーテーション「\'」')  # これは正常に出力されます。

# 結果 ⇒ シングルクォーテーション「'」

文字列の中に、シングルクォーテーションを入れる必要がある場合は上記のエスケープシーケンスを用います。

¥"

「\"」は、ダブルクォーテーションを示すエスケープシーケンスです。

意味と目的は、シングルクォーテーション同様です。文字列の中に、ダブルクォーテーションを入れたい場合は、このエスケープシーケンスを利用する必要があります。

print("ダブルクォーテーション「\"」")

# 結果 ⇒ ダブルクォーテーション「"」

エスケープシーケンスを利用しない場合は、構文エラーとなります。

print("ダブルクォーテーション「"」")

# 結果 ⇒ SyntaxError: invalid character in identifier

\b

「\b」はバックスペースを表します。

print("Hello World!")
print("\bHello World!")


"""
Hello World!
Hello World!
"""

\

「\\」は円マーク、もしくはバックスラッシュを表します。

print("\")

" 結果 ⇒ \

\t

「\t」はタブを表します。

print("Hello World!")
print("\tHello World!")


"""
Hello World!
	Hello World!
"""

これで、エスケープシーケンスの使い方は何となくイメージできたはずです。

エスケープシーケンスについては、Pythonに限らず他の言語でも利用されている考え方ですので、この機会にしっかり理解しておきましょう。

Pythonを1から学習したい方は

Pythonをより実践的に学びたい―。実際にコーディングをしながら学びたい―。独学に限界を感じている―。

そんな方には、無料体験/オンライン完結もあるプログラミングスクールで学ぶのがおすすめです。都度検索しながら知識を補完していくのではなく、1から体系立てて学ぶことで短時間・かつ効率的にスキルハックすることが可能です。

各プログラミングスクールの特徴をまとめた記事をこちらに記載しておきますので、是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました